朝起きてガッカリ。
煙の出ないお灸、確かに煙は出ないけど、線香のような匂いが部屋中に残っている。
カーテンやラグが匂いを吸着したのかも・・。
お金があれば中古マンション買って、リフォームして、お灸専用ルームつくりたい。
できればこのサイトで見た災害に強い地域に移り住みたい。
そんな妄想しながら洗顔のため洗面室に行った時、私は閃いてしまった!
そうだ浴室!!!浴室には換気扇があり、匂いを吸着する物がほとんど無い!
仮に匂いが付いても気にならないと!
朝から「ヒュ~私天才!!冴えてるぅ!!」と小躍りしてしまった(笑)
浴室でお灸する自分を思い浮かべながら仕事に励む!
帰宅後、さっそく換気扇を付けた浴室でお灸にトライ!
布は匂いを吸着しやすいので、肌着以外全部脱いでから浴室にお灸セット(せんねん灸・奇跡、マッチ、ろうそく、燃えた後のマッチと台座を入れる小皿)を持ち込む。
寒さとデスクワークで腰に痛みが出ているので、腰を指で押しながらツボを探して、火をつけたお灸をツボに貼る。
一人で腰に火のついたお灸を貼るのはちょっと大変だけど、まぁ出来ない事は無い。
じんわり熱が伝わってきてあたたかい♪けど、換気扇をつけている浴室は寒い!
桶にお湯を張って足湯をしながら過ごす。
冷えた足先が温まり、腰も温まっていい感じ。
次からお灸と足湯セットでやろ~♪

【今日のツボ】腰(左右に1個ずつ)

昨日買ってきた『煙の出ないお灸・奇跡』のパッケージに入っている取扱説明書に目を通す。
ライターでお灸に火をつけるとあったけど、家にライターが無いので、マッチでアロマキャンドルに火をつけて代用。
燃やした後のマッチとお灸を入れる小皿と消火用の水も用意。
お灸の台座についているシールをはがして、お線香みたいに炭化しているもぐさに火をつける。
火をつけた瞬間スッと煙が立ち上るけど、その後全く煙が出ない。
お線香は煙がずっと出ているのに、どういう仕組みで煙が出ないんだろう??
三陰交にお灸を置く。
直接灸で痕が付いてしまったのはショックだったけど、ツボの位置が一目でわかるので結果オーライ(笑)
あっという間にお灸のセット完了。
自分でもぐさをひねって置く直接灸より断然簡単・・!!
初めからこっちを教えて欲しかったです先生!
お灸はほんのり暖かく、燃え尽きる直前はジワジワと強目に熱を感じるけど、直接灸みたいに「熱いっ!!」という感覚は無い。これなら痕も残らなさそう。
説明書には火が消えても台座が冷えるまでは効果がある事、お灸をする前後は入浴・飲食は避けた方がいいと書かれていた。
気づくと台座はすっかり冷えていた。
火をつけてから冷えるまで15分くらいだと思う。
台座を外すとほんのり桃色になっているけど、痕は残らなさそう。
ほっと一安心(笑)これなら続けられると確信!
今日は三陰交だけにして、次は別のツボにお灸してみよう。

【今日のツボ】三陰交(左右に1個ずつ)

会社帰りにドラックストアに立ち寄る。
湿布の隣にお灸発見!パッケージのなんとも言えないフォルムの人形を見て「そうそうこれこれ。せんねんきゅう~♪」と思わず口ずさんでしまった(笑)。
竹生島、伊吹、近江の3種類があり、ちょっと離れた所に『煙の出ないお灸 奇跡』というお灸を発見。
部屋に煙がこもるのは困るし、寒い今、窓を開けてやるのはちょっと・・。(お灸で健康になる前に風邪ぶり返すわ)
お試しにちょうどいい12個入。レギュラーとソフトがあり、初めてなのでソフトタイプを買ってみる事に。
しかも今日はドラックストアのポイント5倍DAY!ルンルンで購入&帰宅!
帰りが遅くなったってしまったので、お灸は明日にしよう。

年末年始に酷い風邪をひいてしまい、治るまで一か月近くかかってしまった。
こんなに風が長引いたのは初めてで、どうすれば早く治るのか?
日ごろからどうすればいいのか調べると、身体が冷えると免疫力が落ち、体温が35度台になるとガン細胞が活発になるらしい・・!
とにかく、免疫力が健康の鍵で、免疫力を高めるには温めるのがいいという事、温めにはお灸がよいという事がわかった。
正月明けに鍼灸院でお灸を初体験し、先生から自分でもぐさをひねってツボに置くやり方(直接灸というらしい)を教わったけど私には扱いが難しく、部屋中お灸とお灸に火をつける線香の匂いが充満するのが悩みだった・・。
ふと「せんねんきゅう~♪」のメロディと、お灸がコロコロと転がっているCMを思い出し、インターネットで検索してみる。
お!まだ販売している!明日会社帰りにドラックストアに行ってみよう。